エリーの投資戦略

ある一人の日本人主婦の投資戦略についてのブログです。当ブログの全ての内容は、個人的な見解となっております。皆様の実際の投資のご判断は自己責任でお願い致します。


ワンステップビット(One Step Bit)の利用状況報告

みなさんこんにちは。

こちらのブログには、どうやら今井悠人さんの「ワンステップビット」をGoogle等で検索して訪れる方がとても増えているようで、アクセス数が一日100回を超える日が続いており、私も驚いています。そういう訳で、ワンステップビットの使用状況や、使用してみての素直な感想などを、こちらでもっと書きたいと思います。

現在のワンステップビットの私のダッシュボードは、下のスクリーンショットのとおりです。

f:id:EllyFP:20180612113607j:plain

上の画像のとおり、ダッシュボード上での今日までの見込み利益は0.05BTCを超えています。

しかしながら、なぜか取引所での残高は、それほど増えていません。

むしろ、BTC換算での残高は減少しています。

それはなぜなのか、わたしなりに色々と解析して考えてみました。

理由①

LINEでアービトラージの通知が届き、すぐに1タップして発注しても、取引所ではその注文がすぐには約定しないことが多々あります。相場が一方向に動いている時、片方の注文はすぐに約定するが、もう片方の注文は置き去りになってしまうことが頻繁にあります。そうすると、相場が下落している方の通貨をずっと保有することになります。この時点でもし、溜まっている未約定の注文をキャンセルしてしまうと、利鞘を稼ぐどころか、損になってしまいます。たとえ未約定の注文ばかりが溜まって資金不足になっていても、未約定の注文は、約定できる価格になるまで、ずっと待つしかない、ということになります。

理由②

ビットコインまたはイーサリアムの残高が設定した取引量に満たない場合、及び/または、APIエラーでアービトラージの注文が入らなかった場合、自動的に均し注文が入るようになっているのですが、均し注文ばかりが何度も発注されてしまうために、手数料がかさみ、肝心のアービトラージの利鞘が稼げていないのではないかと思われます。

理由③

私は、ワンステップビット以外に、「グロリアスシステム」という自動売買機能も使用しているのですが、これが私にはどうしても不具合としか考えられない動作をしているのです。本来、アービトラージは、安値で買って高値で売るというのが基本のはずなのですが、グロリアスシステムでは、その逆が発生しているのです。システム担当者にこの件を問い合わせたのですが、「ワンステップビットとグロリアスシステムを同じ取引口座で運用しているため、取引が相殺されてしまっている」という訳の分からない回答がされました。取引口座を別々にしたところで、高値で買って安値で売っている状況には変わりはないはずです。グロリアスシステムのダッシュボードでは、かなりの金額の見込み利益が出ているかのように表示されていますが、ビットコインもイーサリアムも全く増えていない、むしろ減り続けている、というのが現状です。どうやら、ワンステップビットで出ている少しの利益も、グロリアスシステムの指値が逆転している問題のために、相殺されてしまっているのではないかと思われるのです。そういう訳で、私はグロリアスシステムの使用は、とうとう停止させてしまっています。

 

以上のような状況なのですが、事務局に何度問い合わせてもまともな対応がなされず、困り果てています。グロリアスシステムには高いお金を支払っているので、返金してもらえるのなら返金してもらいたい位です。

唯一頼みの綱なのが、ワンステップビットの1タップ毎にアービトラージの利鞘を稼げる機能なのですが、こちらの方も、運用開始当初は上手く行っていたのですが、最近、LINEの画面では、何回タップしても、各取引所の残高は十分あるのに、APIのエラーが表示されっぱなしで、困惑しています。しかも、均しの注文だけが入ってしまっていたりします。しかし、ダッシュボードの取引履歴を確認すると、注文が無事に入っていることがたまにあったりもして、全く使いにくい状態です。

私の素直な感想としては、購入するにしても、せいぜいワンステップビットだけに留めておき、高額の自動売買機能は購入を控えておいたほうが良かったと後悔しています。完全な詐欺とまでは言わないまでも、上記のような状態では、余りにも期待外れとしか言いようがありません。

それにしても、ビットコインもイーサリアムも、仮想通貨の相場は様々な事情でなかなか回復しませんね。アービトラージの利益など吹き飛んでしまいそうな下落傾向が続いています。そもそも、アービトラージという方策は、仮想通貨の相場が上昇気流に乗っていないと、または、せめて横這いの相場でないと、その真の力を発揮しにくいですね。

何はともあれ、ひたすら相場の回復を待つより他に道はなさそうです。

ビットコインは70万米ドルまで上昇するとの予測!?

トップの投資家が70万米ドルという楽観的なビットコイン相場を予測

 先導的な投資顧問会社が、とんでもなく楽観的なビットコイン相場の予測を発言しています。

ニューヨークで開かれた年次のソーン投資会議で、フェッファー・キャピタルのジョン・フェッファー氏が、ビットコインが70万米ドルに到達すると言っています。

フェッファー氏は、ウォールストリート最大のヘッジファンドの管理者や投資家が、自身のトップの投資先の選択肢について会談するイベントで、この予測を発表したとのことです。

この会議には23年の歴史がありますが、ビットコインへの投資をスピーカーが推奨したのは、今回が初めてであるとのことです。

フェッファー氏は、ビットコインを投資先として薦めるにとどまらず、現在約9,500米ドルが75倍になるであろうと言うのです。

フェッファー氏は自身の予測に時間軸は設けてはいませんが、氏のターゲットは、他の著名な投資家の前向きな予測のいくつかを超えています。

ベンチャー資本家のティム・ドレイパー氏は、今月初旬に、ビットコイン相場が2022年までに25万米ドルに達すると予測しました。

ニューヨーク・リンカーンセンターで行われたソーン投資会議において、フェッファー氏はウォールストリートの最も影響力のある人々の前でこの発言をしました。

ビットコインは、世界で初めて金に取って代わることが可能な候補だ。」

「だから、もしビットコインが、覇権を有しない支配的な価値の集合体となるならば、新しい金もしくは新しい準備金となり得る。」

 フェッファー氏はどのようにビットコイン相場の予測を計算しているのか?

 フェッファー氏の推論は、ビットコインが、個人投資家によって現在所有されている全ての金塊に取って代わることが不可避であるという推定をよりどころとしています。

 簡潔に述べると、人々がお金を貯蔵する手段として、金庫に入れたり裏庭に埋めたりしている金塊を、紙よりも信頼できる何かに換えてしまおうということです。

金塊は、この場合、いわゆる「価値の集積物」です。

ビットコインは、貯蔵したり保護したりすることがはるかに容易であると、フェッファー氏は説明します。

フェッファー氏によると、全ての金塊の現在の価値は、約1.6兆米ドルであるとのことです。

現在までに、最大で存在し得る2100万ビットの内、約1700万ビットのビットコインが創られています。

フェッファー氏の計算では、暗号通貨が金塊に完全に取って代わる時までに、1800万ビットのビットコインが流通していることになります。

この時点で、ビットコインの価値は、推定で9万米ドルです。

フェッファー氏は、これが現実になる可能性を8パーセントとしており、これは氏の非常に控えめなシナリオです。

しかし、フェッファー氏は、ビットコインが、代表的な銀行にとって、伝統的な外国の外貨準備が今日ある姿が、つまるところ将来のビットコインの姿となり得ると言っています。

日本円からユーロに至るまで、政府は国際的な債務を支払うために外貨を所有しており、国境を越えて資金を移動しています。

ビットコインが、ゆくゆくは何らかの形の準備金を駆逐することが想像できます。」

これらの外貨準備が、現在約12.7兆米ドルであると、氏はつけ加えます。

フェッファー氏は、又、ビットコインが外貨準備の4分の1を構成するようになるというシナリオを提示しました。

このビットコインの価格の予測は、現在の価値の20倍のリターンを暗示することになるでしょう。

もしビットコインが全ての外貨準備の12.7兆米ドルに匹敵する価値にまで上昇するならば、ビットコインの価格は70万米ドルという値段になるということです。

「投資家として、現時点で最も興味深いことは、ビットコインが、支配的な覇権のない通貨となる可能性があるということであるのかもしれません。」

フェッファー氏はこう語ります。

長期的な投資

 ビットコインが70万米ドルに到達する可能性があるということは、「小さなベンチャーキャピタルスタイルで、購入し長期間保有し続ける」ことが十分であることになると、氏は言います。

 

cointhud.com

グロリアスシステムを使い始めて

f:id:EllyFP:20180425131543j:plain

 

ついに入手しました!

待望のグロリアスシステムの使用権を得ました!

先週の土曜日の朝に設定し、5日目の水曜日の現時点でのイーサリアムの見込み利益が、既に0.2ETHを超えています。現在のイーサリアムの相場で円に換算すると、下の画像の通りです。

 

f:id:EllyFP:20180425132105p:image

 

 あれよあれよと言っている間に、1万円を軽く超えてしまいました。

イーサリアムが余りにも急速に値上がりしているため、どうしても約定しきれずに残っている注文を取引所で若干キャンセルした以外、ほとんどほったらかしです。

まさに打ち出の小槌を手に入れた気分です。

資金は30万円ほどでしたが、使用感がだいたい把握できましたので、様子を見ながら後20万円位少しずつ足していくつもりです。

このシステムを作った今井悠人さんとスタッフさんは本当に凄い鬼才だと思います。 

ワンステップビットと暗号通貨関連の英文記事紹介(2018.04.16)

皆さんこんにちは。

四月に入ってから徐々に暗号通貨の相場が上向きになり始め、チャートの値動きを確認するのがとても楽しみになっているエリーです。

私は現在ビットコインイーサリアムライトコインを所有しており、今井悠人さんのClub First Stepに入って、One Step Bitというアービトラージのサービスを利用しています。3月下旬からちょっとずつ、文字通りスマホを1タップするだけで小銭が稼げています。どうしても資金が少ないためか、システムエラーが出ることが多いのですが、それでも、ただ暗号通貨を持ったまま値上がりするのをひたすら待つよりは、アービトラージをしてビットコインを少しずつ増やせていた方が楽しいです。特に、今現在のように、暗号通貨が全体的に値上がりしている状況下では、優れた戦略だと思います。

これはOne Step BitのLINEの配信用の画面です。

f:id:EllyFP:20180416104611p:image

そしてこれは、注文が入った時の画面です。この時点では未だ約定したわけではなく、約定するまで待つ必要があります。約定せずにどんどん値上がりしたり値下がりしたりすることもあるので、たまにやむをえず注文をキャンセルして調整しています。

f:id:EllyFP:20180416105041p:image

 

さらに、今井悠人さんは、先日、「グロリアスシステム」と呼ばれる新しいシステムを、インターネットでの生放送で紹介されていました。何でもイーサリアムが自動で増えていくシステムだそうで、「控えめに見積もっても半年で5千万円は稼げる」と言い切っておられました。私は、One Step Bitのシステムの凄さを既に体験していましたので、このシステムをどうしてもやってみたくなり、税込で約16万円のこのシステムを、即決で一括払いで申し込みました。

すると、さっそくお電話を頂き、「税理士を紹介します」と言われてしまいました。なんとも気が早い話だなぁと思いましたが、本当にそれだけ稼いだら、税理士さんにも頼らなければならないんだろうなぁと、まだ漠然と想像しかできていない状況なので、その時になれば宜しくお願いしますと、ご担当者に申し上げておきました。

今井さんは上記のサービスの宣伝用のウェブサイトは既に全て閲覧できなくしてしまっているので、既に新規加入の募集は終了しているように思われますが、今後もし空きができたら再度募集するかもしれませんね。

 

さて、今朝一番に私が読んだ英文記事を紹介します。

4月17日は、米国の「タックスデー」ということで、この日を境にビットコインがさらに急騰する見込みであるという内容の記事です。

「まるで1980年代のインターネットのようだ。」

この記事の中で、暗号通貨の技術はまだ黎明期であるため、ボラティリティーが大きいことが指摘されています。それが、暗号通貨が危険な投資対象であるとみなされがちな状況を招いているとのことです。しかし、暗号通貨は実は金のように安全な投資対象であるとの主張もあります。この意見のせめぎあい、一体どのような結果を見せてくれるのでしょうか。私は暗号通貨の可能性を信じたいと思います。

cointhud.com

「ビットコインは復活した」

こんにちは。ビットコイン相場が本格的に上昇を再開しているように思われます。そんなほっと一息ついた折、今朝一番私の目を引いた英文ニュース記事を紹介します。

f:id:EllyFP:20180413144739j:plain

- - - - - - - - - - -

暗号通貨ヘッジファンドが「ビットコインは復活した」と宣言

世界最大の暗号通貨ヘッジファンドの一つが、ビットコインの相場の調整が終わったと発言。

パンテラ・キャピタル・マネジメント社は、投資家たちが今後数か月間に渡る記録的な上昇に備えるべきだと預言している。

その暗号通貨投資会社は、8億米ドル以上もの資産を所有しており、6,500米ドルが下落相場の底値であると言う。

このヘッジファンドは、今後一年の間、ビットコインがその値段よりも高値に留まるであろうと語っている。

木曜日に投資家に送信された通信文によると、ビットコインは今後間もなく約2万米ドルという以前の記録を乗り越えるだろうということだ。

パンテラのダン・モアヘッド氏とジョーイ・クラッグ氏は、次のように発言している。

パンテラのようなヘッジファンドの管理職は、『今日こそ買い時です』といつも言っていると、初めてパンテラのことを聞く人は考えるかもしれない。」

「私は、タイミングについて、滅多にそのような強い確信を持たない。」

機関投資家の資金調達の壁が、市場をさらに高く駆り立てるだろう。」

このヘッジファンドは、2014年にビットコインへの投資を開始した。

その創始以来、この会社は7年間で三回買いを推奨し、一回売りを推奨したことがあると、その通信文には書かれている。

ビットコインの「デス・クロス」からの回復

この新しい号令は、最近、ビットコインが「デス・クロス」を迎えた後発令されている。

この恐ろしい用語は、この暗号通貨の50日移動平均線が、200日移動平均線とクロスしたことについて言及している。

そのネーミングの由来は、これらの線がチャート上で作り出す形状と、下方への市場の傾向から来ている。

確かに「デス・クロス」というネーミングは恐ろしい響きがあるが、普通、歴史的に、その後には価格の回復が続く。

このヘッジファンドの報告書によると、「デス・クロス」はトレーダーからの心理的な反応を引き起こす可能性があるということだ。

「投資家はしばしば、ある一定の期間を人間心理の最適な反応時間であるかのように用いる。

「買い時を取り逃がす心配をして迷うのを辞めるため、十分な時間待機した。」

「情報は間もなく失われる。」

 

cointhud.com

円安ドル高に転換なるか?

f:id:EllyFP:20180406114107j:plain

今日はFXに関して少し書きたいと思います。

円高ドル安トレンドに一体いつ歯止めがかかるのかと、ずっとドル円相場をちょくちょく確認してはいたのですが、日足と週足で少し回復の兆しを感じています。

実は、3月に会社がお世話になっている地方銀行の営業マンがドル建ての外貨預金の口座を作ってほしいと個人的に頼まれたので、付き合いで口座を作ってみたのです。定期にすれば、キャンペーン中ならばそれなりに金利の条件も良いようでした。それで好機があれば、いくらか入れようか検討中なのです。

それと同時に、FXの方も、新しい戦略を試してみることにしました。藤田勇さんという方が、本来30万円もするMT4のEAをLINEで友達登録すれば無料でくださるとのことで、友達登録しておいたら、10日後の昨日、本当にEAをくださったので、さっそく走らせて見始めています。なかなか面白いEAで、売買の思惑と反対の値動きを示すと、もともとの建て玉の三倍で反対売買を行い、利益を微増させるという仕組みのようです。昨日から数円の利益が出ています。何もしないよりは多少は利益が期待できるみたいです。

ドル建ての外貨預金、どうしようかな。

ビットコイン相場に回復の兆候か

f:id:EllyFP:20180403130248p:plain

 

 ビットコイン相場が回復の兆候を示しているようです。

奥谷さんのチャートでも、一時間足で上向き矢印がようやく見え始めました。

春先のつぼみのような上昇開始ですが、このまま続くといいですね。

英文記事の中にも上昇転換の予兆が感じられるという記事が現れ始めています。

がんばれビットコイン!!

bitsonline.com